SING/シング

SING/シング レビュー

動物達が住んでいる街に昔栄えていた劇場があった。お爺さま?お父様?が始めた劇場で。現在のオーナー、コアラのバスター・ムーンが昔のように栄えた劇場に蘇らせるために奮闘するお話。
お客さんを呼び戻すために、歌唱コンテストを開催する。オーディションに人を呼ぶために、チラシを作る。
しかし・・・それは、賞金の値段が・・・一桁間違えて印刷しそれが、劇場が老朽化していたのもあり、窓から風にのり、街に勝手にばらまかれてしまい、たくさんの人がオーディション
を受けに来る。

そして、オーディションに受かった人たちには、家庭の事情・コンプレックスを持ちながらも、歌が好き歌いたいそして、みんなで、この劇場を復活させたいという希望を持って、劇場再建に向けてみんなでがんばって行きお話です。

それぞれのキャラクターの個性がとてもよく描かれている。たくさんおエキストラの表情やたくさんの動物達がどれ1つ同じ物がなく、とてもよく描かれていると思います。
そして、家庭の事情・コンプレックスを持ちながらも廻りの人達に支えられ、ただただ、歌が本当に好きなんだ。賞金でなく歌を純粋に歌いたい気持ちがとても良く伝わってきます。
大人も子供も笑い・感動出来るお話です。最初から最後までまったく、飽きません。
小さいお子さんもましたが、静かに観ていた。

“一人で見るのがオススメ
友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ”

銀魂

銀魂 レビュー

天人が闊歩する江戸の街で、新八と神楽と共によろずやを営んでいる銀時。
ある日、辻斬りが現れ、仲間である桂さんが行方不明になってしまう。
辻斬りの正体である人斬り以蔵と戦い負傷してしまう銀時だったが、桂さんを救うためにかつての仲間であった高杉と宇宙船で戦うことになる。

シリアスなのにところどころギャグを交えているので、重くならずに最後まで楽しく観ることが出来ました。
小栗旬と橋本環奈のはじけっぷりが見どころだと思います。
前評判では堂本剛の高杉役だけ合わないのじゃないかって言われていましたが、実際は高杉そのものでした。
新撰組のメンバーたちも、漫画のキャラそのものだったので、原作を裏切らない素晴らしい出来だったと思います。

“友達と見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ”

22年目の告白ー私が殺人犯ですー

22年目の告白ー私が殺人犯ですー レビュー

時効が成立してしまった連続殺人事件の犯人「曾根崎雅人」が、事件に関する自伝を執筆し世間に顔を晒す。しかし曾根崎は偽者であり、事件を担当していた刑事の「牧村航」とグルになって今回の騒ぎを起こしていた。理由は、真犯人を見つけ出し、事件に巻き込まれたはずの航の妹であり曾根崎の恋人である「牧村里香」を探す為。
本の執筆騒動のおかげで、里香を殺す映像を証拠に真犯人が名乗りを上げる。しかしその男は真犯人にネットを介して金で雇われただけの偽者で、真犯人探しは暗礁に乗り上げる。
曾根崎と航、金で雇われた偽者が一堂に会したニュース番組で起きた騒動のおかげで、真犯人は番組のメインキャスター「仙堂俊雄」と判明。
里香が殺される映像の中に、里香を殺した事件だけはまだ時効を迎えていないという証拠が映っているのを見つけた航。仙堂の別荘で仇討ちをしようとしていた曾根崎を止め、仙堂は逮捕・収監された。

時効になった連続殺人事件の犯人が、自伝を執筆して顔出しをする。本の内容と作者がめっちゃイケメンということで凄い人気になるが、実は作者は偽者で、真犯人をあぶり出す為に刑事と協力して今回の騒ぎを起こしていただけ。
真犯人と名乗る男が出てくるんだけど、結局それも偽者。ただしその男と取っ組み合いになったことがきっかけで、真犯人が作者や刑事。偽者たちを集めて生放送をしたニュース番組のキャスターだったということが判明する。
作者役をしていた男がキャスターを殺しにかかるんだけど、刑事が最後の殺人事件だけまだ時効が成立していていないことに気付いて止める。キャスターの人電気コードみたいなので首絞められるんだけど、首めっちゃ太いせいかなかなか死ななくて凄かった。

“一人で見るのがオススメ
友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ”

ジョン・ウィック&ジョン・ウィック チャプター2

ジョン・ウィック
ジョン・ウィック チャプター2 レビュー

伝説をいくつも持つ殺し屋であるジョン・ウィックは、結婚を機に殺し屋を引退する。しかし、不運なことに結婚後妻が病死してしまい、悲しみに暮れる。そんな時、亡き妻から「愛する者を作りなさい」と仔犬が届く。少しずつ生きる気力を取り戻し平穏な日々を取り戻してきたジョン・ウィックだか、ある日強盗に襲撃され、目の前で仔犬を殺される。復讐心に火のついたジョン・ウィックは、私情という名目で殺し屋業に復帰してしまう。
果たして、彼に、平穏な日々は戻るのか….

殺し屋であるジョン・ウィックが持つ伝説の内容は、とにかく最強。直近で頭を撃ち抜くなどグロいシーンは多々あるが、最強すぎてとにかくかっこいい。ペットを飼っている人は共感しやすくて、映画に入り込みやすいと思う。ハッピーエンドとは言えない終わり方で、胸が苦しくなるぐらい切ない感情に襲われるが、そこがまた渋い!

“一人で見るのがオススメ
友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ”

ジュラシックワールド

ジュラシックワールド レビュー

前作、ジュラシックパークから数年後。人間の欲望はとどまることなく、また新たなパークが開発・運営されています。

しかも、実在した恐竜の展示だけでは物足りず、ハイブリット恐竜という名の恐ろしい怪物まで作り上げてしまい…。

とにかくストーリーは簡単明瞭、わかりやすい!そういう意味では、老若男女を楽しめる映画だと思います。(主人公たちが途中で死んでしまわないことも何となく想像ができますし)

迫力の恐竜たちとの格闘シーンは、本当に見ものです!私は映画館でみたのですが、本当にドキドキしました。今後、ジュラシックワールド2が、公開される予定と聞いて楽しみにしています。

家族で見るのがオススメ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビ ーストと魔法使いの旅 レビュー

魔法使いで魔法生物学者のニュートが、誤ってニフラーという生物を逃がしてしまい、ニフラーをつかまえようとしていたら、パン屋の仕事に就職することを望んでいるコワルスキーと出会います。
ニュートのスーツケースから生物が逃げてしまったので、つかまえるために魔法を使いながら奮闘します。

私は、映画・DVD両方で観ましたが、映画で観た方が絶対に良いと思いました。
映画だと迫力が圧倒的に違いますし、魔法をかけられてしまいそうになります。
色々な動物がたくさん出てくるので、動物が好きな方も観ていて楽しめると思います。
バトルをするシーンだけでなく、ラブシーンもあるので、カップルで観るのもいいかもしれません!

“一人で見るのがオススメ
友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ”

君の名は

君の名は レビュー

君の名は動画を無料でフル視聴するならこちら

全く違う街、全く違う時に、二人の男女が夢の中で出会い、恋をし、実際の生活で再開を果たすストーリーです。お互いが相手の体に入り込み、心は自分のままだけど、体だけ相手になって、相手の人生を歩む。そんな不思議な展開から、互いに興味を持ち始め、自分自身の本来の姿で再開を願う、切ない物語です。

色が綺麗な映画でした。風景が鮮やかで、においとか風とかが、直接伝わってくるようだったので、感情移入がとてもスムーズでした。夢の中で体が入れ替わって、相手の人生に関わっていくところがとても興味深く、それができたからきっと、彼は、彼女や彼女の街を救えたのだと思いました。互いに互いの人生に、夢の中だけど、しっかりと関わっていたことが、彼女の街の住民や彼女を救う勇気を、互いに与えることができ、それがきっと、実際の人生で再開できた大きな要因なのではと、思いました。

“一人で見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ”

ズートピア

ズートピア

ウサギの女の子ジュディは、子供の頃からずっと夢だった警察官になる事が出来ました。勤務地は、肉食・草食様々な動物が共に暮らすズートピア。そこでジュディは、キツネの詐欺師ニックと出会います。ズートピアでは肉食動物が次々と、行方不明になる事件が発生していました。この捜査を任されたジュディは、友達であるニックの協力を得て捜査に取り掛かりますが・・・。

様々なニーズに合わせて多様化したズートピアの描写が新鮮でした。まるで人間社会の大都会の様です。子供が観る映画かと思っていましたが、大人が観ても充分楽しめる内容です。「キツネは嘘つき」だとか「肉食動物は危険」などの偏見に、悩んだり向き合ったりする動物たちの姿には心を打たれます。動物達のキャラが立っていて、特になまけものが出て来るシーンは必見です。

友達と見るのがオススメ!

SING

SING

主人公はコアラのバスター・ムーン。彼の劇場が経営難で閉鎖されようとしています。そこで彼は劇場を立て直すためオーディションを行います。そのオーディションは、事務員のミスにより賞金が2ケタUPしていたので、オーディションは大盛況。そしてオーディション終了後、賞金が違っていたことに気づくもののごまかしながら、ショーの成功のため合格者たちと奮闘していく話です。
合格者たちも、それぞれの家庭の事情で、いろいろな悩みを持ちながら、ショーのために頑張ります。
ところがあと一息というところで、劇場が壊れてしまうのです。それでもがんばりとてもすてきなHAPPYENDな話となっています。

話の内容はすごくドキドキわくわくがあるわけでもないですが、それぞれのキャラクターのかわいさや悩みなどについつい共感してしまいます。私は特にブタのロジータに共感してしまいます。子育て中のママならロージタですね。
この映画の最大のポイントは、素敵な音楽です。英語のままで聞いても、吹き替えの日本語で聞いてもどちらも素敵でした。映画が終わるとついつい誰が歌っていたのかが気になり、スクロールまでしっかり見てしまいますよ。

友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 レビュー

キャプテン・ジャック・スパロウと、かつての冒険仲間ウィル・ターナーの息子ヘンリー、そして天文学者のカリーナは、それぞれの目的から共に「ポセイドンの槍」を探す旅に出る。
そこへ、ジャックへの復讐に燃えるアンテッドのサラザールと、サラザールに脅されたバルボッサも入り乱れ「ポセイドンの槍」を巡った戦いが繰り広げられる。

これまでのパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズと同様、思わず引き込まれてしまうストーリー展開に、コミカルなシーンも交えて、最後の最後まで楽しめる映画です。特にクライマックスシーンの迫力が凄く、最後は涙してしまう感動のシーンもあり、かなり満足度の高い映画でした。これまでのシリーズを見ていなくても楽しめると思いますが、伏線が色々とあるので、前作を見返してからの鑑賞をおすすめします。

友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ