SING/シング

SING/シング レビュー

動物達が住んでいる街に昔栄えていた劇場があった。お爺さま?お父様?が始めた劇場で。現在のオーナー、コアラのバスター・ムーンが昔のように栄えた劇場に蘇らせるために奮闘するお話。
お客さんを呼び戻すために、歌唱コンテストを開催する。オーディションに人を呼ぶために、チラシを作る。
しかし・・・それは、賞金の値段が・・・一桁間違えて印刷しそれが、劇場が老朽化していたのもあり、窓から風にのり、街に勝手にばらまかれてしまい、たくさんの人がオーディション
を受けに来る。

そして、オーディションに受かった人たちには、家庭の事情・コンプレックスを持ちながらも、歌が好き歌いたいそして、みんなで、この劇場を復活させたいという希望を持って、劇場再建に向けてみんなでがんばって行きお話です。

それぞれのキャラクターの個性がとてもよく描かれている。たくさんおエキストラの表情やたくさんの動物達がどれ1つ同じ物がなく、とてもよく描かれていると思います。
そして、家庭の事情・コンプレックスを持ちながらも廻りの人達に支えられ、ただただ、歌が本当に好きなんだ。賞金でなく歌を純粋に歌いたい気持ちがとても良く伝わってきます。
大人も子供も笑い・感動出来るお話です。最初から最後までまったく、飽きません。
小さいお子さんもましたが、静かに観ていた。

“一人で見るのがオススメ
友達と見るのがオススメ
カップルで見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ”

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です