銀魂

銀魂 レビュー

天人が闊歩する江戸の街で、新八と神楽と共によろずやを営んでいる銀時。
ある日、辻斬りが現れ、仲間である桂さんが行方不明になってしまう。
辻斬りの正体である人斬り以蔵と戦い負傷してしまう銀時だったが、桂さんを救うためにかつての仲間であった高杉と宇宙船で戦うことになる。

シリアスなのにところどころギャグを交えているので、重くならずに最後まで楽しく観ることが出来ました。
小栗旬と橋本環奈のはじけっぷりが見どころだと思います。
前評判では堂本剛の高杉役だけ合わないのじゃないかって言われていましたが、実際は高杉そのものでした。
新撰組のメンバーたちも、漫画のキャラそのものだったので、原作を裏切らない素晴らしい出来だったと思います。

“友達と見るのがオススメ
家族で見るのがオススメ”

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です